「頑張らない」で引き寄せる!ーー願いが叶う、ちょっとあほになる方法』感想

本の感想

DanaTentisによるPixabayからの画像

この記事はかずみんさんの著書『「頑張らない」で引き寄せる!ーー願いが叶う、ちょっとあほになる方法』の感想について書いていきます。

「引き寄せ」については賛否両論ですし、私自身何度も試しながらなかなか結果が得られておらず…。ただ、本当に落ち込んだときに読むと元気が出るので薬のように時々読みます。

かずみんさんの著書は、前作も読みました。語り口が軽妙で読みやすいのですが、わかりやすいと感じるので自分に合っているようです。

「今」の感情が現実化する

引き寄せの法則は、自分が「今」感じている感情が現実化するというものです。

そのため、口ではどれほど前向きなことを言っていても、「本当は叶わない」「いつも私はうまくいかない」「私の人生こんなもの」というように思っているとそちらの方が実現してしまいます。

このことについて「宇宙にダダ漏れの本心の方が叶う」と書かれていました。なるほど。

力まない、がんばらない

引き寄せをしたくて真面目にがんばってしまう人の例が、自分にはあてはまりました。「今」感じている感情を幸せなものにしなければいけないと思って、無理にいいことを探したり、ちょっとでもネガティブなことを考えることに過敏になったり…。

失敗しちゃだめ、100%じゃないとダメと力みすぎることも、苦しくなってしまいます。不安になったり、「本当に叶うのか」と疑ったりするのも当然の反応で自然なこと。

不安を受け入れて、そっと「それでも私はどうなりたいのかな、どうしたいのかな」と考えてあげることが大事です。

自分の小さな願いを叶えてあげる

また、小さな願いを実現することで「私は私の願いを叶えることができる」という自信を育てていくこともよいようです。描いた妄想を、現時点の自分で実現できることはなんだろうと考えて実際に行動することで、気持ちがワクワクしてきたら、どんどん理想の現実が近づいてくるのだそう。

「現実」ではなく

かずみんさんは「現実知らん!!」というようによく言われます。(この表現、私は好きです)つまり、「現実の自分はこの程度だから、これくらいなら叶えられるかな」ではなく本心からの「こうしたい、こうなりたい」を描いて、今できることをやっていくというスタンスです。

私はノートに、今感じているモヤモヤや不安を書き出す習慣があるのですが、これに加えて、現実度外視で素直に「こうなりたい」「こうなったらいいな」というのを書く時間を持つようにしたいと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました